「フィギュアは児童ポルノではない」 ブログ削除に抗議署名1000人、運営会社が謝罪

印刷

   美少女フィギュアの写真などを掲載するブログに対して、「児童ポルノまたはそれに類する疑いのある内容の投稿があるという指摘」があったとして、2週間後に停止・削除するという一方的な通知を運営会社が出した。

   児童ポルノ規制法はフィギュアを対象としていない、と反発したユーザーらが抗議の署名を行い、運営会社に提出した。

「作品をわいせつ物扱いした奴らは絶対に許さない!」

署名が1000人以上集まったchange.orgページ
署名が1000人以上集まった「change.org」ページ

   問題になったのはGMOメディアが運営するブログサービス「teacup.ブログAutoPage」だ。2014年3月31日、複数のユーザーが同社から

「このたび外部機関より、ご利用ブログに児童ポルノまたは それに類する疑いのある内容の投稿があるという指摘があり、 昨今の社会情勢の変化等を鑑みた結果、誠に申し訳ございませんが、 当ブログを削除させていただく事となりました」

という連絡を突然受けたとツイッターで明かした。

   しかし、それらブログには実在児童の画像の掲載はなく、組み立て式の「ガレージキット」と呼ばれるフィギュアについて、細かなパーツや塗装過程を写真とともに伝える内容などだった。利用規約の違反事項に該当する項目も見当たらずユーザーは、「年齢不詳(幼い?)美少女のフィギュアがダメなんですかねえ」「丹精込めて造った作品をわいせつ物扱いした奴らは絶対に許さない!」と激怒している。フィギュアを扱うブログ以外にも、イラストを主に扱うサイトにも削除連絡が届いたという。

   これを受けてフリーライターの廣田恵介氏が4月3日、署名サイト「change.org」で「フィギュアは、児童ポルノではありません。」というタイトルで1000人を目標とする抗議の署名活動を始めた。

「イラストやフィギュアなど、被害児童の存在しない創作物、無生物に関して『児童ポルノ』なる呼称を用いることのないよう、強くお願い申し上げます。また同時に、『児童ポルノまたは それに類する疑いのある内容』などという曖昧かつ無責任な言辞によって個人の創作活動を阻害なさらぬよう、重ねて強くお願い申し上げます」

などとGMOメディアに訴える文面だ。

   ツイッターで漫画家などによっても拡散され、「今後、こんな事がまかり通ってはダメだと思う」「実在の性虐待被害者を救わない行為、被害者に沈黙を強いる行為に、加担しないでいただきたい」と賛同の声が集まり、4日間で目標人数1000人を突破した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中