遅くなりつつある「はじめての射精」 中学生の6割以上が未経験

印刷

   男性にとって「はじめての射精」といえばある種人生の「通過儀礼」のように見られている向きもあるが、その年齢が年々遅くなる傾向にあるらしい。

   AERAは2014年4月14日号の特集で思春期を迎えてもなお母親と入浴する男子や男子の性的興味を削ごうと躍起になる「お受験ママ」の姿を描き出した。その特集の中で、中学生の射精経験率がここ10年で大きく減少していることを取り上げた。

   1974年から6年ごとに中学生、高校生、大学生の性の実態を調査している日本性教育協会「青少年の性行動全国調査」によれば「初めて射精を経験した年齢は」という問いに「中学生」と回答した男性の数が1999年に52.9%だったのに対し、2011年には36.2%。12年の間に15%以上も落ち込んだ。AERAの当該記事によるとこのような現象が「草食系男子」増加の一因になっているという。このデータはネット上でも大きな話題となり、「初射精」の時期をめぐって議論が交わされている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中