グーグル、駅関連施設の図面も閲覧可能に 流出は130か所超?

印刷

   米グーグル社の無料メール共有サービス「グーグルグループ」で、JR東京駅とJR新大阪駅の商業施設の平面図が一時公開状態になっていたことが2014年4月11日、分かった。10日には中部国際空港と新千歳空港の平面図が公開状態になっていたことも明らかになっていた。

   東京駅では、駅構内にある商業施設「グランスタ」と隣接ビルの地下1階の図面が2012年7月から今月まで公開されていた。グランスタでは中央配線室や機械室、各店舗の売上金を入れる入金機室などの位置が載っていた。平面図は施設を運営するJR東日本のグループ会社がグーグルの地図作製用に提供したものだった。また、新大阪駅では駅ビル「メディオ新大阪」2階の図面が公開されていて、大阪府警鉄道警察隊分駐所の取調室などの位置が示されていた。

   いずれも鉄道の安全にかかわる施設は含まれておらず、運航の安全に影響はないという。

   なお、読売新聞(電子版)は12日、グーグル日本法人が地図やメールのやりとりを公開状態にしていた交通施設や商業施設は130か所以上になると報じ、ららぽーと豊洲(東京都江東区)や、イオンモール橿原(奈良県橿原市)などの設計図が公開されていたとしている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中