富士重工、自動ブレーキ車の発売延期 生産追いつかず

印刷

   富士重工業は、新型車「レヴォーグ」の発売を2014年6月20日に延期する。4月15日に発表した。当初の計画では、性能を高めた独自開発の自動ブレーキ「アイサイト」を搭載し、消費増税後の目玉商品として5~6月に売り出す予定だった。延期は、性能を高めた自動ブレーキの生産が間に合わないため。

   「レヴォーグ」(266万7600円~)の予約でアイサイトの搭載率は9割を超えている。自動ブレーキに使うカメラなどの調達が間に合わず、「量産体制に万全を期すために発売の延期を決めた」と説明している。

   オプションの価格は10万円(税別)。刷新後はカメラの視野を4割広げたほか、従来は時速約30キロメートルだった対応速度を約50キロメートルに高めた。カラーで画像を認識できるようになり、先行車のブレーキランプの点灯などが確認しやすくなるという。

   自動ブレーキは消費者のクルマ選びの新しいポイントとして関心が高まっている。

   「アイサイト」は国内で自動ブレーキの先駆け。カメラを使い前方の危険物を認識すると自動でブレーキがかかる。国内で販売する「スバル」ブランドの購入者のうち8割が搭載している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中