写真家、「新興宗教教祖」で、実業家 沈没船オーナー、謎に包まれた素顔

印刷

   沈没した韓国の旅客船のオーナーは、新興宗教の教祖をしていると韓国メディアが報じ、その教えが事故に関わった疑いも指摘されている。あまりにも不可解な事故は、それで説明がつくのではないかともいうのだ。

   今回の事故は、発生直後から、耳目を疑うような報道が次々に出た。

オーナー周辺では、集団自殺、沈没事故…

   まず、船長らが、乗客を置き去りに船から逃げ出したことだ。そして、なんと船長らは、月給も安い契約社員であることも分かった。船についても、3倍以上の過積載であることが判明し、コンテナは鎖でなくロープでつながれていた。さらに、安全教育に5万円ほどしかかけていないことも分かって…。

   そんなずさんな船会社「清海鎮(チョンヘジン)海運」のオーナーが、兪炳彦(ユ・ビョンオン)氏(73)だ。

   報道によると、兪氏は、1941年に京都で生まれ、戦後に韓国へ戻った。結婚後の62年に、義父とともに宗教団体を立ち上げ、80年代には遊覧船事業にも乗り出した。86年には、事故のあった仁川―済州島間の運航免許も取得している。このときは、当時の全斗煥大統領サイドと深い関係があったとされている。

   兪氏の名前がクローズアップされたのは、自らが率いる「キリスト教福音浸礼会(通称・救援派)」と関係する宗教団体の教祖と信者ら32人が87年に集団自殺したときだ。浸礼会にお金が流れて教祖側が多額の負債を抱えたとも言われ、兪氏は、検察から取り調べを受ける事態にまでなった。

   これは後に、信者から金をだまし取っていた関連の詐欺事件で起訴されることになり、91年に懲役4年の実刑判決を受けて服役している。

   一方、遊覧船の経営でも、90年に沈没事故を起こし、15人が死亡する惨事になった。97年には経営破たんしたものの、99年に前出の清海鎮海運を立ち上げていた。

   兪氏は、韓国内外のグループ会社30社で様々な事業を手がけ、一族で内外に2400億ウォン(約240億円)の資産があると言われている。宗教団体は、内外に信者が約20万人いるほどまで成長した。

「アヘ」という名前で写真家としても活動

   そうした資産は、宗教団体などを通じて会社の利益を吸い上げることによって得ていたようだ。

   兪炳彦氏は、「アヘ」という名前で写真家としても活動しており、報道によると、撮影写真を使ったカレンダーを1点500万ウォン(約50万円)もの高額でグループ13社に売っていた。その利益は、数億ウォン(数千万円)に達したという。グループ会社の役員などは、ほとんど自らの信者だったといい、「アヘ」という名前には「神」という意味があったと報じられている。

   オーナーをしている清海鎮海運については、その収益を宗教団体に贈与という形で吸い上げていたともされた。今回の事故当時、会社は、多額の負債を抱えて、経費削減をする必要に迫られていたという。船長らを契約社員にしたり、過積載をしていたりしたのは、それと関係があるのかもしれない。

   また、船長ら多くの乗組員が信者だったともいい、すぐに逃げ出した背景には、「救われれば、罪を犯しても許される」という教えがあるとも報じられた。ただ、宗教団体側は、船長らが信者だったことやこうした教えがあることを会見で否定している。

   兪氏は、事故後に姿をくらましたとされるが、韓国の検察当局は2014年4月23日、自宅などを家宅捜索して捜査に乗り出した。横領、背任、海外への財産隠匿、脱税などの疑いがあると報じられている。

   カルト問題に詳しい紀藤正樹弁護士は、25日放送のテレ朝系「モーニングバード!」で、兪氏の宗教団体について語った。

   紀藤氏によると、高額な献金、強引な勧誘などが問題になっており、会社は、宗教団体の財布になっているという。船長らが逃げたことについては、「普段から訓練されていて、自分で決断すること自体が罪ですから」と解説した。さらに、船会社などを通じて韓国当局とも結びついているとして、「国の責任や大統領の問題にも波及してくると思います」と指摘していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中