楽天・松井裕樹が2軍落ち やっかいな「ノーコン病」で注目No.1のルーキーに早くも試練

印刷

   注目度No.1だった楽天の松井裕樹がついに1軍ベンチから外された。

   ストライクが入らないという投手にとって致命的な理由だ。まさに天国から地獄へ…。

「ラストチャンス」登板でもいきなり1回5四球

   2軍落ちとなった登板は2014年4月23日の西武戦。開幕から3連敗を喫し、星野監督から「ラストチャンス」と宣告されたマウンドだった。ところが、1回表に5四球という信じられない立ち上がり。その後、味方打線が得点を重ねて勝ち越しても、すぐ失点する乱調ぶりで、5回8四球という「ノーコン」ぶりにベンチもあきれかえった。

   なんとか初勝利を、と我慢してきた試合後の星野監督はむしろ悲しそうだった。

「早く1勝を、と思って勝ち投手の権利である5回まで投げさせたんだけれどね。ダメだったな」

   いきなり四球を連発した松井は、おそらく自分を見失ったのだろう。とにかくストライクを投げなくては、との思いが強かったのか、全く余裕が感じられなかった。

「前回と比べ改善できた部分もあった。ボール自体の感触は悪くなかった…」

   強がりとも思えるコメントを残したが、行き場所を無くしたような自信喪失の表情だった。

   翌日、首脳陣は松井の代わりに昨年のドラフト1位森雄大を1軍に登録した。その日先発した森は、プロ初勝利を挙げている。プロの世界は厳しい。

「もう(1軍で)投げることはない」

   星野監督から恐れていた言葉が出た。

「投手としてのABCを学んでもらう」

   2軍での厳しい練習が待っている。もう、お客さん扱いはしない、という現実である。松井にとって初めて実力の世界を実感することになる。

   松井の制球力については、おおよそ見当はついていた。下半身が硬いから投げ終わったあとが一定しない。つまり上半身だけで投げているからコントロールがあやしくなる。高校時代は球威と大きな変化球だけで抑えられたが、プロはそれにコントロールがなければ通用しない。

   それと走者が出ると、「盗塁自由販売」といえるセットポジションの未熟さがあった。左投手なのに走者を留める基本動作ができていない。それは甲子園で投げているときから分かっていた。

   星野監督の指摘はそのことなのである。

「星野監督がそんなことを見逃すはずはない。キャンプでとっくに見抜いていただろう。これで本来の楽天に戻って試合ができる」

   多くの専門家はこう見ている。人気先行の選手はこれまで何人もいた。本人もつらいが、周囲も神経を使う。

   松井の開幕1軍は入団時の約束だったのだろう。ルーキーでもっとも話題となっていただけに、球団も営業面を考えてそれを望んだことは想像に難くない。

   2012年夏の甲子園で、1試合で10連続を含む22奪三振という記録を打ち立て、松井は一躍注目された。しかし、気になったのはその後の秋からの内容だ。神奈川県の秋季大会では早々と敗れ、翌年のセンバツはなくなった。さらに昨年夏は予選敗退。あれだけの力を持ちながら昨年は一度も甲子園に出られなかった。「勝負運のない投手なのか」という気がしてならなかった。

   松井を預かった2軍の投手コーチも緊張することだろう。なにしろ金の卵だ。話題の投手といえば、日本ハムの斎藤佑樹も2軍に落ちた。4月は「ユウキの悲劇」といったところである。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中