安倍首相、明治神宮を参拝  昭憲皇太后の没後100年

印刷

   安倍晋三首相は2014年4月28日朝、東京都渋谷区の明治神宮を参拝した。「内閣総理大臣安倍晋三」と記帳し、私費で玉串料を納めた。明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后を祭っており、2014年が昭憲皇太后の没後100年にあたることから参拝を決めた。

   安倍首相は記者団に対して、

「日本国、そして国民の繁栄、平和と安寧をお祈りしました」

と話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中