野田聖子総務会長が安倍首相を月刊誌で批判 「揺さぶりをかけ」存在感高める狙い?

印刷

   自民党の野田聖子総務会長が安倍晋三首相を月刊誌などで批判しており、その狙いについて様々な憶測を呼んでいる。

   野田聖子氏が異論を唱えたのは、安倍首相が踏み出そうとしている集団的自衛権の行使容認についてだ。

集団的自衛権の行使容認に噛みつく

   野田氏は、2014年5月8日に発売された月刊誌「世界」6月号のインタビュー記事で、考えを明らかにした。記事では、行使容認は総選挙の公約に掲げたものの、憲法改正以外の手法で先に進めようとしていることに、党内から違和感を訴える声が出ていると述べた。

   集団的自衛権が行使できるとなれば、「自衛隊は軍になる」とし、これまでになかったこととして、「殺すことも殺されることもある」と指摘した。つまり、戦争に巻き込まれるということだ。しかし、日本は少子化であり、若者をどれだけ戦争に行かせることができるか疑問だとして、むしろ今は、多くの国民が期待している経済再生を目指すべきだと説いた。

   そして、議論を慎重に進めなければ、「全会一致が原則の総務会を通ることはできない」と述べた。安倍内閣が行使容認を閣議決定することについては、「党内手続きなしにはできません」とクギを刺している。

   こうした野田氏の考え方について、ネット上では、賛同の向きもあるものの、「他国を救わないことによってこちらも救ってもらえなくなることも考えろよ」などと疑問の声が多い。

   インタビュー記事が出る前には、関西テレビ「FNNスーパーニュースアンカー」でコメンテーターの青山繁晴氏が、中国政府の後押しを受けた自民党の親中派に、安倍首相を孤立させ、野田氏を日本初の女性首相として担ぎ出そうという動きがあったと独自の見方を述べた。それだけに、その動きを裏付けるものではないかとの憶測も出ていた。

存在感を高めて、首相の座を狙う?

   野田聖子氏も、こうした声を耳にしてか、インタビュー記事で「もともと私は党の中でも真ん中あたりにいたはずなのに、今では左と言われてしまう(笑)」と漏らしている。それと関係があるのかは分からないが、共産党機関紙の赤旗が自民党幹部の発言にもかかわらずインタビュー記事のことを取り上げていて、ツイッターなどで話題になっていた。

   野田氏については、この記事のほか、ハフィントン・ポストにも同様な内容の投稿が載っている。また、国会内では2014年5月8日、集団的自衛権よりも経済再生を優先すべきだとの考えを記者団に説いていた。とすると、今回は、安倍首相に揺さぶりをかけるなど、何か狙いがあるということなのだろうか。

   政治評論家の浅川博忠さんは、野田氏にはやはり自分の存在感を高める狙いがあるはずだと指摘する。

「国会が終わると、7月末に党・内閣改造人事があるとみられており、野田さんは総務会長のポストを外される可能性があります。首相を目指している野田さんとしては、ここで女性や母親の立場を出すリベラル派の発言をして名を取ろうとしたのだと思います。ポストを得るより、安倍内閣と距離を取った方が得策だと考えたわけです。中韓との関係悪化で首脳会談がままならず、早晩行き詰まるだろうとの想定もあったのでは。自民党の親中派が後方支援していた可能性もあると思います」

   ただ、野田氏は、党内の動きに寄りかかり過ぎて、判断を早まった恐れもあるという。

   一方、安倍首相も、こうした党内の動きを見ながら、様々な手を打っているとみている。

「日米関係の修復に努めており、右寄りとの懸念を払しょくさせようともしています。ヨーロッパに外遊しているのも、EUなども味方に付けたいからです。党内の議員を中国に派遣して関係改善も図っており、欧米をバックに中国と交渉しようという作戦でしょう。集団的自衛権の行使容認についても、日中首脳会談を実現するまではしない可能性があります。安倍さんは、来年9月に予定されている党総裁選まで状況を有利に持ち込もうと考えていると思いますよ」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中