認知症による徘徊で保護されていた身元不明女性 67歳、元ニッポン放送アナウンサーだった

印刷

   認知症による徘徊後に身元不明のまま7年間介護されていた女性が、NHKスペシャルで紹介されたのがきっかけで夫との再会を果たした。女性は元ニッポン放送のアナウンサーだったことが判明したと、NHKが報じている。

   認知症の症状が進んで現在は寝たきりで話すことはできないが、番組の中で保護された当初は服装や言葉遣いに品が感じられたという証言もあった。

5月12日の結婚記念日に再会

   2014年5月11日放送されたNHKスペシャルは「行方不明者1万人~知られざる徘徊の実態」という題で、認知症による高齢者の徘徊を取り上げた。2012年の1年間だけで認知症で徘徊した人は延べ9607人に上り、うち351人が死亡したというほどだという。

   番組には路上を徘徊しているところを保護され、身元不明で7年間も介護施設で暮らす女性が登場した。2007年10月30日に群馬県の東武鉄道館林駅の近くで、深夜に後ろからついてくる人がいると通報があって交番で保護されたという。名前も住所もわからず市内の介護施設に入ったが、そのまま認知症が進行して寝たきりになり、会話をすることもできなくなった。

   身元を推測する材料はまったくなかったわけではない。保護された当時の服装はグレーのパンツに花柄の上着で、靴下と下着にそれぞれカタカナで苗字と名前が書かれていた。指輪を3つ持っていて結婚指輪と見られるものには、「5.12」「S to M」と日付や夫婦のイニシャルらしき文字が彫られていた。

   それだけの物が揃いながらも身元不明の状態が続いていたが、番組が放送されると情報が相次いで寄せられ、東京・浅草の67歳の女性と確認された。5月12日、夫が妻のいる介護施設を訪れて7年ぶりに再会する映像がNHKニュースで流れた。その日は41回目の結婚記念日だった。

ニッポン放送では音楽番組を担当

   NHKによると実は女性はニッポン放送の元アナウンサーで、大学卒業後4年間勤め73年3月に退職した。音楽番組などを担当していたという。ニッポン放送のニュースでも女性の身元判明が伝えられた。

   NHKの取材に対して元同僚の男性は「アナウンサーとしてとても大切な情景描写が、大変上手なアナウンサーでした。一緒に音楽番組を担当しましたが、明るくて気配りのできる女性でした」と答えている。

   女性は介護施設に入ったばかりのころは歌を口ずさんでいたそうで、話せなくなった今でも「高校三年生」の楽曲のリズムに合わせて指をわずかに動かす姿が、NHKスペシャルで撮影されていた。また、施設長の女性が「服装や言葉遣いから品の良さを感じた」と話していた。

   身元の判明についてツイッターでは

「ニッポン放送のアナウンサーさんだったとか、びっくり。 だから言葉に品があったのか。 よかったなー」

など祝福するコメントなど書き込まれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中