森永卓郎氏が徴兵制を唱える? 「戦争の恐ろしさを自分のことと考えるようになる」

印刷

   「徴兵制を導入した方がよいかもしれない」。経済アナリストで独協大教授の森永卓郎さん(56)が、オピニオンサイトで突如こう唱えて話題だ。皮肉を込めたようだが、異論も出ている。

   森永卓郎さんは、テレビ番組では、ハト派のキャラでお馴染みだ。「絶対に9条は守るべきだ」「戦力は持たなくていい」などの発言が、ネット上で時々論議になっている。

「安倍内閣の暴走に危機を感じるようになる」

突然の提唱が波紋
突然の提唱が波紋

   ところが、オピニオンサイト「マガジン9」で連載している「戦争と平和講座」では、いきなり徴兵制の導入を持ち出した。

   2014年5月14日に載ったこのコラムでは、まず中国が尖閣諸島に侵攻しても米軍は守ってくれないのに、米国は自分が戦争するときは自衛隊に出動しろと言うと問題提起した。

   これを受けて、安倍晋三首相は、憲法9条に反して集団的自衛権の行使容認に動いているとし、戦争に巻き込まれる可能性があるのに、「国民には危機感がほとんどない。私が教えている学生たちも、大部分が関心さえ持っていない」と嘆いた。

   先進諸国が導入している志願制では、低所得層の若者たちが前線に送られることになるが、「自分は関係がない」と思っていると指摘した。そして、「私はいっそのこと若者たちに徴兵制を適用したらどうかと思う。そうすれば、戦争の恐ろしさを、自分自身のこととして、考えるようになるだろう」と持論を展開した。

   森永さんは、さらに、「若者だけではなく、国会議員にも任期を終えたら戦地に赴く義務を課し、国家公務員は人事異動で前線に配属できるようにすべきだ。そうすれば、安倍内閣がこれだけの暴走をすることに危機を感じるようになるだろう」とも言っている。

「自分には関係が無いと思っているからだろう」

   徴兵制については、自民党内で議論されたと報じられたことがある。

   共同通信の2010年3月4日付記事で、自民党憲法改正推進本部がこの日の会合で徴兵制導入の検討を示唆したというものだ。ただ、当時の大島理森幹事長は論点を整理しただけだとし、「徴兵制を検討することはない」とするコメントを発表している。

   現在はどのような検討状況かは不明だが、政界を引退した加藤紘一元自民党幹事長(74)は、赤旗の14年5月18日付インタビュー記事で、「議論はやりだすと徴兵制まで行き着きかねない」と懸念を示したと報じられた。

   徴兵制について、森永卓郎さんは、テレビ番組の中で賛成かどうか聞かれて、「違う、違う」と首を振っていたことがある。今回の発言については、徴兵制が導入されれば反戦世論が盛り上がるとも言われていることから、森永さんが皮肉を込めて持ち出したのではないかとの見方がネット上では多い。

   森永さんの発言については、「自衛隊員が足りなくなれば、間違いなく徴兵制が始まるだろう」「言いたくなる気持ちもわからないではない」と理解を示す声はある。その一方で、「安易に徴兵制を口にするのは、自分には関係が無いと思っているからだろう」「いまどきの兵隊は専門性が強すぎて、徴用兵じゃ雑用くらいしかできねーよ…」などと揶揄する向きも多かった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中