PC遠隔操作事件の片山被告宛てのハードディスク、落合洋司弁護士のもとに届く

印刷

   パソコン遠隔操作事件の片山祐輔被告宛てのレターパックが届いたと2014年5月19日、落合洋司弁護士がツイッターで明かした。中にはハードディスクドライブが3つ入っていた。「弁護人にも中身を確認してもらいつつ警察へ届け出る方向で検討中」としている。

   20日未明、2ちゃんねるにハードディスクの送り主を名乗る人物が現れ、荷物の追跡番号が書かれた控えのシールを撮影した証拠動画を公開し、「特定作業をヤメテ下さい」と訴えた。「中身は単なるTV録画です 偏向報道確認の為のプレゼントです」と説明している。

「暗くなってから騒ぎに気付いて弁護士事務所に電話しても繋がらないし 神奈川県警に電話しても、なんかの受付が終わってるから担当に繋がらないし」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中