フジテレビ、来月の株主総会が怖い! 不振の責任追及、「ドン」にも及ぶのか?

印刷

   在京民放キー局5社の2014年3月期決算で、フジテレビが「ひとり負け」となった。1社だけ大幅減益となったのだ。

   主力の放送事業で、ヒット番組に恵まれない。バラエティーでは長寿番組「笑っていいとも!」終了後の新番組が低視聴率で、ニュースになるほどだ。こうした状況で、1か月後に開かれる株主総会では、株主が経営陣に「ある要求」を突き付けるとの報道もある。

「バイキング」視聴率2%、「月9ドラマ」も低調

大ヒット番組が欲しいところ
大ヒット番組が欲しいところ

   フジ・メディア・ホールディングスが2014年5月15日に発表した2013年度決算を見ると、連結最終利益は前年度比44.8%減の172億8200万円と大きく落ち込んだ。フジテレビ単体でも同34.7%減と厳しい結果だ。広告収入のマイナスが原因だという。事業単位別では、フジテレビとニッポン放送、BSフジを合わせた「放送」の売上高が前年度比1.5%減、営業利益は同28.3%減とこれまた大きく減らしている。グループの屋台骨を支える事業だけに、影響は少なくないだろう。それでも2014年度は放送事業の営業利益が前年度比21億円プラスと強気な予想。フジテレビは「堅調な広告需要が見込まれる」という。

   だが足元を見ると、決して楽観視できる状態ではなさそうだ。最近話題なのが、「笑っていいとも!」の終了を受けて始まった「バイキング」の不人気ぶり。4月25日の視聴率は2.1%を記録した。また「笑っていいとも!増刊号」を放送していた日曜朝10時の枠は、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんがコメンテーターを務める「ワイドナショー」を持ってきたが、これも視聴率が5%を切る低空飛行となっている。5月19日付「NEWSポストセブン」は、この視聴率の低さが、日曜正午スタートの番組「ウチくる!?」にも伝染しており、番組編成に一貫性が見られないのが原因と指摘した。

   ドラマも伸び悩む。看板の「月9ドラマ」は、現在放送中の「極悪がんぼ」が10%をたびたび割り込んでいる。ほかの曜日も、高視聴率をキープしている「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)などと比べると話題性は乏しい。

   番組を巡るトラブルも起きた。バラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」で5月3日、STAP細胞の論文不正が問題となった理化学研究所の小保方晴子氏をパロディー化した「阿呆方さん」というキャラクターのコントを放送する予定だった。だが小保方氏の弁護士がフジに抗議文を送ったことを明らかにし、結局放送は見送られた。

株主総会に「役員75歳定年制」が提案される?

   フジテレビは2012年度の単体の通期決算でも、スポット広告の停滞から減収、営業減益となっていた。2年連続の業績後退だ。根幹のテレビ事業で人気番組が生み出せず低迷が続けば、業界最大手と言えど安穏としてはいられないだろう。

   そんな中、5月19日付の「日刊ゲンダイ」は、6月27日に開かれるフジの株主総会で「ひと波乱」起こる可能性に触れた。「複数の株主が、『役員の75歳定年制』の導入を求める議案を提案している」というのだ。もしもこれが通れば、対象となる「超大物」がいる。フジテレビ会長であり、グループ持ち株会社であるフジ・メディアHD会長も務める日枝久氏だ。

   1988年にフジテレビ社長に就任。2005年、当時ライブドアの社長だった堀江貴文氏がニッポン放送株を買い増しして買収を仕掛けた際、フジテレビ会長の日枝氏もしばしばメディアに登場していた。あれから10年たった今も会長職に君臨、実に26年にわたりフジのトップを張り続ける「ドン」だ。その日枝氏も現在76歳。ゲンダイの記事では現場スタッフから「いい加減にしてくれ」との悲鳴が上がっていると報じている。

   株主総会の行方は不透明だが、不調だった決算結果が長期政権に何らかの影響を与えるだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中