セウォル号沈没以来韓国で相次ぐ重大事故 今度はバスターミナルで火災、6人死亡

印刷

   韓国・ソウル近郊の高陽(コヤン)市にあるバスターミナルのビルで火災が発生し、少なくとも6人が死亡する事故となった。

   死者・行方不明者300人以上となった旅客船「セウォル号」の沈没以降、韓国では乗り物にまつわる重大事故が相次き、現政権にとって打撃になるのは間違いない。

商業施設を併設するビル、地下の工事現場から出火か

   高陽市の総合バスターミナルは、国内の主要都市を結ぶ高速バスの発着場となっている。バスの待合場所だけでなく、大型スーパーや映画館といった商業施設を併設している。韓国・聯合ニュースによると、ターミナルは地下5階、地上7階で2012年6月にオープンした。

   複数のメディアによると、火災は2014年5月26日朝9時過ぎに発生。地下1階の食堂の工事で溶接作業中、出火したとみられるという。韓国MBCニュース電子版は、ターミナルビルから煙がもうもうと立ち込める動画をウェブサイト上に掲載した。道路を挟んで向かい側の建物の屋上から撮影されたようだが、ターミナル周辺の大通りは特に交通規制がされている様子はなく、車が行きかう様子が確認できた。

   火は30分で鎮火したが、多くの死傷者が出た。13時現在で、聯合ニュースは「6人死亡」と報じたが、日本のメディアは死者7人と伝えておりばらつきがある。また負傷したのは20人以上で、多くが煙を吸ったものとみられる。ターミナルビルは、地下鉄3号線の駅ともつながっており、一歩間違えば電車やその乗客をも巻き込みかねない事故となった。

   それにしても韓国は、乗り物関連の事故が立て続けに起きている。セウォル号の転覆事故では朴槿恵大統領が謝罪し、関係者の逮捕や指名手配に及ぶなど国を揺るがす事態に発展した。その後、ソウルの地下鉄で衝突事故が起き、およそ200人が負傷。さらに別の日には電車の絶縁装置が破裂して11人がけがをした。相次ぐ事故で、乗り物や施設の安全性が問われる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中