サッカー日本代表ユニホームに「旭日旗」と主張 米NYTに「ナチス旗」を並べた批判広告

印刷

   サッカー日本代表のワールドカップ用ユニホームに「旭日旗」がデザインされていると難癖をつける広告が、米ニューヨークタイムズ紙に掲載された。複数の韓国メディアが報じた。

   ナチスのハーケンクロイツと並べて比較した写真を掲載し、ユニホームデザインの印象をねじまげる広告で、日本のネットでは「頭がおかしい」などの声が出ている。

「FIFAは何も対応するつもりはないのか?」

   2014年5月29日の朝鮮日報によると、批判広告は28日のニューヨークタイムズAセクション9面に掲載された。「OFFENSIVE(屈辱的)」の大きな文字の下に、ハーケンクロイツと旭日旗の写真が左右に並べてレイアウトしてある。旭日旗を見るとハーケンクロイツと同様、残忍な帝国主義の過去を思い出すと主張し、「それにもかかわらず単なるデザインと見なして、使用している国がある」と訴えている。

   体操ユニホームとサッカー日本代表ユニホームの写真も掲載し、

「驚くことに旭日旗デザインは2012年ロンドンオリンピックの体操日本代表のユニホームに取り入れられた。2014年ブラジルワールドカップのユニホームにも使用される。だがFIFAは何も対応するつもりはないのか?」

   と批判した。

   朝鮮日報の記事で広告の企画者は「前回の五輪の体操ユニホームに続き、今回のW杯でも戦犯旗柄を使用するのは国際スポーツ精神に反するものであり、特に政治的表現を禁止するFIFAの規定に反するものだ。こうしたことを世界の人々に正確に伝えたい」と語っている。

   しかし、日本代表のユニホームは青を基調としたデザインで、旭日旗のような赤と白のカラーではない。左胸の日本サッカー協会のエンブレムからうっすらと白い線が放射状に出ているが、これだけで「旭日旗=侵略の象徴」がユニホームにデザインされていると主張するのは無理筋だ。

   また、旭日旗自体についても菅義偉官房長官が13年9月の記者会見で、

「旭日旗のデザインは、大漁旗や出産・節句の祝い旗、海上自衛隊の艦船の旗など日本国内では広く使用されており、政治的主張だとか軍国主義の象徴であるという指摘は全く当たらない」

   という見解を示している。

「全世界日本戦犯旗退治キャンペーン」

   これが日本でも報じられるとネットでは、

「まだそんな事言ってるのかw」
「放射状の線を描いたデザインは全て旭日旗に見えるという病気」
「いつものように旭日旗を否定したいというより、単に日本バッシングをしたいだけ」

   とあきれるコメントが書き込まれた。

   広告を企画したのは「全世界日本戦犯旗退治キャンペーン」を行う「韓国広報専門家」のソ・ギョンドク誠信女子大学教授だ。広告費用はテイクアウト用チキン店「チキン・マル」が全額支援したという。ソ教授は以前から何回もニューヨークタイムズ紙に広告を出すなど、日本バッシングを積極的に展開している。12年3月には旧日本軍のいわゆる従軍慰安婦問題に関する広告を掲載したほか、「独島は韓国の領土」と主張する広告を出したこともあった。

   国際世論を動かすのが狙いで、今回の広告ではインターネットも活用している。記載された「www.ForTheNextGeneration.com」(次世代のために)というURLにアクセスすると、「旭日旗は侵略の象徴」と説く扇情的なYouTubeの動画に飛ばされる。

   ソ教授は自身のツイッターに、

「ニューヨークにあるホロコースト記念館に行ってきました。本当にうらやましいですね!私たちもニューヨークの真ん中に日本軍慰安婦記念館を1つ作って全人類にさらに知らせるべきなのに」

   と書くなど次なる作戦を企んでいる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中