国立競技場、56年の歴史に幕 バックスタンドに「SEE YOU IN 2019」

印刷
聖火台の火が消えると「SEE YOU IN 2019」の文字が浮かび上がった
聖火台の火が消えると「SEE YOU IN 2019」の文字が浮かび上がった

   2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて建て替えが予定されている国立競技場で14年5月31日に最後のイベントが行われ、56年にわたる歴史に幕を下ろした。

   17時30分過ぎには、航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」が入間基地(埼玉県狭山市)から飛来し、上空で「デルタ隊形」「スワン隊形」など4種類のフォーメーションを披露した。

解体工事は14年7月にも始まる予定

ブルーインパルスが上空に飛来し、4つのフォーメーションを披露した
ブルーインパルスが上空に飛来し、4つのフォーメーションを披露した

   19時半からは記念式典が行われ、1964年の東京五輪男子体操(団体総合)で金メダルを獲得した小野喬さん、五輪3連覇を果たした女子レスリングの吉田沙保里選手など11人が聖火リレーを行い、聖火台を点灯。谷村新司さんが「昴」、森山良子さんが「今日の日はさようなら」を歌い、続いて「蛍の光」の大合唱で競技場との別れを惜しんだ。21時頃に聖火台の火が消されると、バックスタンドに「SEE YOU IN 2019」の文字が浮かび上がり、700発の花火で56年の歴史を締めくくった。

   解体工事は14年7月にも始まる予定で、新競技場は19年の完成を目指している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中