「消費税率、最低でも15%に」 IMFが声明 法人減税「増収はもたらさない」

印刷

   国際通貨基金(IMF)が日本の消費税率について、「最低でも15%まで段階的に引き上げる」ことを求めた。2014年5月30日、14年の対日審査後の声明を明らかにした。4月の消費税率引き上げの影響については「うまく乗り切りつつある」と評価しながらも、財政については消費税率の10%への引き上げを、法律に従って15年10月に実行することを促した。

   景気回復が続くかどうかは「中期的なリスクは依然大きい」と指摘。規制緩和や財政再建の推進を促した。企業が実際に納める法人実効税率の引き下げについては、「投資や成長を高める」としながらも、「減税による減収を穴埋めするほどの増収はもたらさない」と明記し、税収減を補う財源の確保を求めた。

   一方、1ドル100円台前半で推移している最近の円相場については、「おおむねバランスが取れている」と容認した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中