石原環境相「最後は金目(かねめ)でしょ」を釈明

印刷

   石原伸晃環境相が2014年6月16日に首相官邸で記者団に語った一言が物議を醸している。東京電力福島第一原発事故の除染で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設について、福島県の大熊町、双葉町が建設候補地になっているが、石原大臣は施設の建設ができるかどうかは「最後は金目(かねめ)でしょ」と語った。

   この発言について福島県の佐藤雄平知事や大熊町の渡辺利綱町長が「住民の思いを踏みにじる発言」などと反発し、先祖伝来の土地を奪われるなどカネで解決できない問題もある、とした。石原大臣はこの日の夕方に記者団を集め、最後はカネの話になるわけだが現在は金額を示すことができないということを話しただけであり、カネで解決するとは一度も言ってはいないし解決できる話ではない、と釈明した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中