セクハラやじ問題、追及側に「中傷・脅迫ファクス」も 支援都議に「死んで詫びる覚悟できてるんだよな」

印刷

   東京都議会で塩村文夏議員(35、みんなの党会派)の質問中に「セクハラやじ」が飛んだ問題が、他の議員を巻き込んで広がりを見せている。

   問題を追及する同会派の都議には「中傷・強迫」ファクスが届く一方、「やじの犯人」説もささやかれる都議は、自身のブログで「潔白」を表明している。

「お前は幇助罪だよな?」

   「中傷・強迫」ファクスを、ブログなどで文面写真つきで公表したのは、おときた駿・都議だ。塩村氏と同会派のおときた氏は、「やじ」があった2014年6月18日の夜に、「言うまでもなく重大なセクシャルハラスメント、差別発言」とブログで怒りを表明していた。

   6月21日のおときた氏ブログによると、やじ問題に関して、応援や激励がある一方で脅迫や誹謗中傷、圧力も多くあるとして、次のような内容のファクス文面を公開した。

   塩村議員を指すとみられる「メス●(編集部で略。動物名)」が、偽証罪などの「罪」にあたる行為をしているとして、「肩を持っている」おときた氏を「幇助罪だよな?」と非難している。その上で、

「事実関係が明らかになったら、お前は死んで詫びる覚悟はもちろんできてるんだよな」

という物騒な文言が書かれている。

   おときた議員はブログで、「はぁ…(脱力)。普段、平日の日中は秘書さんだけが事務所にいることが多いんだけど、セキュリティを考えた方がいいかもしれないなー」と心配そうに感想を述べている。

   塩村議員に対し、文面で「偽証罪」などと批判しているのは、次のような背景がありそうだ。都議会ウェブサイトやYouTubeなどにアップされた都議会の様子を映した動画では、「やじ」部分の音声は、何と言っているかよく聞こえないという指摘が出ており、一部では「セクハラやじは存在しなかった」と主張する声もネット上にある。ただ、たとえばNHKは「早く結婚したほうがいいんじゃないか」などのやじが飛んだと報じており、NHKが流した議会映像の音声でも、「●●(やや不鮮明)、結婚したほうがいいんじゃないか」と聞き取ることができる。

   いずれにせよ、「死んで詫びる覚悟」などの表現は穏やかではない。

   同ファクスについて、イギリス在住ライターの谷本真由美さんはツイッターで、「これはもはやテロといえる。ヤジ議員やセカンドレイプを支持する人々の実態」と非難し、政治学者の五野井郁夫さんは「これを送った卑劣な輩こそ詫びるべき」とツイートした。

「私は一切関係ございません」

   セクハラやじは自民党の議席の周辺からが出たと各紙で報道されているが、まだ発言者の特定はできていない。自民党の石破茂幹事長は「速やかに『私です』と言ってお詫びすることが必要」と自ら名乗り出るように求めている。6月21日放送の「ウェークアップ!ぷらす」(日本テレビ系)などに出演し、語った。

   また、自民会派の中には、「一部で『私が犯人ではないか』と囁かれている」として、反論する都議も出てきた。

   川井しげお都議は21日に公式サイトで、「私『川井しげお』は一切関係ございません。この様な下劣な『やじ』は人間としても、39歳の未婚の娘を持つ身としても、断じて許す事は出来ません」と否定した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中