本田選手のあだ名 「本田△」から「口田圭佑(くちだけいすけ)」に

印刷

   2014年FIFAサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会で日本代表が敗退したことを受け、インターネット上ではエースだった本田圭佑選手に新たなあだ名が定着しつつあるようだ。

   4年前の南アフリカ大会で活躍した際には「本田さん格好いい」という意味の「本田△(本田さんかっけー)」が流行したが、今大会ではそのあだ名がつぶやかれる機会も少ないまま終わってしまった。

   本田選手自身も「優勝」を口にしていただけに試合後のインタビューでは「口だけで終わってしまって申し訳ない」とコメントした。するとネット上では「口だけ」と名前をかけた「口田圭佑(くちだけいすけ)」というあだ名がささやかれるように。あだ名自体は「ビッグマウス」な本田選手を批判する意味も込めてW杯より前から使われていたようだが、W杯の惨敗を機に広がることとなってしまったようだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中