政府専用機、後継機種はボーイング777型機

印刷

   老朽化が進んでいる政府専用機(ボーイング747-400型機)の後継機種が、ボーイング777-300ER型機になることが確実になった。政府専用機を運用する防衛省が2014年6月24日に後継機の納入と機体整備の受注を希望する企業からの提案を締め切ったが、唯一提案された機種が同型機だった。当初は仏エアバス社も納入を希望していたが、断念した模様だ。

   現行機が導入されたのが1991年で機齢が20年を超えている上、整備を担当する日本航空(JAL)との契約が18年度に切れるため、後継機の選定が急がれていた。後継機は19年度から導入される見通しで、整備をめぐるJALと全日空(ANA)の受注合戦が加速しそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中