ドクター・中松が前立腺導管がん 余命は15年末

印刷

   発明家のドクター・中松こと中松義郎さん(86)が前立腺導管がんになっていたことを2014年6月26日に都内で開いた会見で明かした。医者から余命は15年末までと伝えられたという。

   前立腺にがんが発見されたのは13年12月で、東京都知事選後の14年2月に再び検査を受けたところ前立腺がんの中でも症例が少ない導管がんだと分かった。これからは前立腺導管がんを治す「治療ロボット」の発明を目指すとともにがんで苦しむ人のための募金活動もしたい、などと語った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中