台湾でも「慰安婦記念館」開設か 馬総統が言及

印刷

   台湾の馬英九総統は2014年7月7日、日中戦争の発端となった盧溝橋事件から77年目を迎える記念式典に出席し、いわゆる従軍慰安婦の記念館を開設する考えを示した。

   馬総統は、慰安婦問題で日本政府に対して厳しい立場をとる。2014年1月には交流サイト「フェイスブック」で、台湾の元慰安婦と面会したことに触れ「我々は絶対に忘れない」と主張。今月3日には訪問先の米カリフォルニア州で、慰安婦問題で日本非難を強める米下院議員のマイク・ホンダ氏と会談し、連携を確認したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中