野々村元県議、「子どものように号泣」をブログで謝罪

印刷

   兵庫県西宮市選出の野々村竜太郎元県議は2014年7月14日、ブログで辞職の経緯を説明し謝罪した。「全ての混乱の全責任を取り、議長の辞職勧告を厳粛に受け止め、議員辞職しました」と述べた。議会の再調査で「説明できない・不適切な支出」と認定された過去の全支出、政務調査費、政務活動費支出に利子に加えた金額を一括返済するという。「刑事告発されましたことに、真摯に深刻に受け止め、非常に反省しています」と言い、「子どものように号泣」したこともお詫びしている。辞職後はツイッターのプロフィール欄を「ののちゃん元県議」に変更した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中