「中性化」問題でヘンタイ扱いされ、「超ムカつくよね」 辻仁成、離婚騒動の影響でライブ自腹開催に

印刷

   女優の中山美穂さん(44)と離婚した作家でミュージシャンの辻仁成さん(54)が2014年7月から8月にかけて行う全国ツアーについて、レコード会社側からキャンセルを申し込まれていたことを7月16日、ツイッターで明かした。

   理由についてツイッターでは触れていなかったが、どうやら離婚関連の報道の影響で「イメージが悪い」ということだったらしい。

5月に「キャンセルしましょうよ」と打診があった

   辻さんは全国ツアーについて16日、

「レーベルから不意にツアーキャンセル申し込まれたのは五月、チケット発売後でした。チケット買ってくれた人に申し訳ないから、自腹でやるからライブやらせて、と頼みこみ、自腹ライブで決着。ローディもマネージャーもなし、たった一人で全国ツアーやります。 応援ください。がんばるよ!」

とツイートした。

   理由について辻さんは15日放送の「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ系)で詳しく打ち明けていた。

   ラジオでは笑いを交えながら話し続ける辻さんだが、全国ツアーについての話になると「1人で回るんですよ、スタッフなしで」と話し、レコード会社との間であったゴタゴタについて語り始めた。

「ツアーキャンセルされかけちゃって、色んなことがあって。レコード会社から『キャンセルしましょうよ』って言われて。『何言ってんの、チケット売ってるんですよ』って。『イメージが悪いから』って言われて『イメージ元々、悪いじゃん』って」

   辻さんの説明によると、レコード会社が指摘しているイメージとは「離婚」そのものではなく、初期の報道だったようだ。

   中には離婚の原因が辻さんの「中性化」「女性的な外見」と報じるものもあったため、太田光さん(49)が「『オカマじゃねぇか』って言われたとき?」と尋ねると、辻さんは「ヘンタイ扱いされたときね。『何言ってんだ、この野郎!』って。超ムカつくよね」と怒ってみせた。

   辻さんが今回のようにキャンセルを申し込まれたのは、34年間の音楽人生で初めてだったという。

離婚の自虐ネタも連発「会えなくなったね」

   そうしたマイナスの影響もあった離婚騒動だが、辻さんはラジオの中で「自虐ネタ」を連発した。

   辻さんは離婚危機が報じられた直後にも爆笑問題の2人がパーソナリティを務めるラジオ番組に出演していた経緯があり、太田さんから「辻さんは番組に出る直前に必ず騒ぎを起こす」と開始早々突っ込まれると、辻さんは「ほんとですよね。誰…が仕掛けてるんですかね」ととぼけてみせた。

   田中裕二さん(49)から痩せたのではないかと指摘されると「ちょっと痩せましたね、痩せれましたね。良いダイエットになりました」と話したり、カラオケで尾崎紀世彦さんの大ヒット曲「また逢う日まで」を必ず歌うと言った直後には「人生、『また会う日まで』」とまたもやネタに。太田さんが「『また会えたね』みたいな」と辻さんが中山さんと出会った際にささやいたとされている「やっと会えたね」の「名言」にかけて冗談をいうと「『会えなくなったね』って」とさらにネタを重ねた。

   一方の中山さんは離婚にまつわるコメントを自身の名で発表しておらず、メディアでは本人のものとされているツイッターの「意味深」な発言が報じられているのみだ。このアカウントは11日に「あまり多くは語りたくありませんが、きちんとした媒体でお話させて頂くつもりです」とツイートしていたが、16日までに中山さんのコメントが載ったインタビュー記事などは出ていないようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中