「報ステ」古舘伊知郎に降板のうわさ 後継者の名前もちらつき始めた・・

印刷

   テレ朝系「報道ステーション」キャスターの古舘伊知郎氏(59)について、就任から10年経って番組降板のうわさがあると週刊文春などが報じている。

   アエラ2014年7月14日号は、古舘伊知郎氏が10年ぶりにインタビューを受けたと話題になった。

原発報道を巡って、テレ朝幹部が距離?

   古舘氏はそこで、もっとニュースの裏側を伝えたいと続投に意欲を示しながらも、「もうこれだけやらせてもらっているから、べつに明日降ろされても幸せ」などと意味深なコメントをしていた。

   文春の24日発売号によると、テレ朝の局内では、すでに古舘氏の後継者の名前すらささやかれている。原発報道に対し「圧力がかかって、番組を切られても本望」などと息巻いていた古舘氏について、テレ朝幹部が距離を置き始めるなどしているからだという。

   後継者としては、テレ朝系「モーニングバード!」キャスターの羽鳥慎一氏(43)や、「報ステ」でリポーターをしている富川悠太アナ(37)の名前が挙がっているとした。

   ほかの週刊誌では、日テレ系「ミヤネ屋」キャスターの宮根誠司氏(51)抜てきの話も浮上していると報じている。

   原発報道などにこだわりがある古舘氏降板のうわさについては、元NHKスポーツキャスターの東海由紀子氏がツイッターで、「社会とと真面目に向き合う気がないんですね」とテレ朝の姿勢を批判した。これに対し、ネット上では、「誰がやっても同じ」と反論が出るなど、すでに議論になっている。

   事情に詳しい芸能関係者は、古舘氏降板の信ぴょう性に疑問を示しながらも、こう明かす。

「報ステのスタッフからもブーイング」

「古舘伊知郎氏は最近、報ステの中で、得意なニュースとそうでないものをはっきりと分けるようになってきています。原発報道については、テレ朝幹部も不満があるかもしれませんね。古舘氏は、得意でないものはおざなりな言葉でお茶を濁すなどしていると、報ステのスタッフからもブーイングが出ているそうですよ。得意なものも視聴者の本音をズバリ代弁しているとは言い難く、『本当にこのままでいいの?』と思われているのは事実でしょうね」

   報ステの視聴率は、10%台前半と報道番組としては好調だ。しかし、この時間帯はライバル番組が少ないだけで、古舘氏が代わっても影響があまり出ない可能性があるという。古舘氏が、10月改編期前の9月に降板することはないかもしれないが、次の改編期前の2015年3月でそうなる可能性はあるとこの芸能関係者はみている。

   後継者については、名前が挙げられている人はいずれも難があると指摘する。

「ニュースキャスターといえば、欧米ならアンカーの仕事になります。羽鳥慎一氏や宮根誠司氏は、同じ芸能プロダクション所属ですが、タレント的な人が報道番組をやることはおかしいと思いますよ。富川悠太アナは、海外特派員など取材現場での経験を踏んでからなら分かりますが、今のままではちょっと若すぎる印象がありますね」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中