上半期の出版物販売、前年比5.9%減 出版科学研究所調べ

印刷

   出版科学研究所は2014年7月25日、14年上半期の出版物の推定販売額を発表した。8267億円となり、前年比5.9%減となった。4月に消費税が増税したことで、出版物への消費意欲が冷え込んだためとする。

   読売新聞の報道によると、ディズニーのアニメ映画「アナと雪の女王」がヒットした影響で、児童書部門のみが好調だったという。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中