海開きに歓声【岩手・大槌町から】(55)

印刷
子どもたちは安全が確認された海の中ではしゃぎまわりました=2014年7月26日、大槌町の吉里吉里海岸海水浴場
子どもたちは安全が確認された海の中ではしゃぎまわりました
=2014年7月26日、大槌町の吉里吉里海岸海水浴場

   大槌町吉里吉里(きりきり)地区に吉里吉里海岸海水浴場があります。吉里吉里の名前には、砂浜を歩くときりきりという音がする鳴き砂説。アイヌ語で白い砂を意味するアイヌ語説などがあります。いずれにしろ、美しい海岸を意味し、震災前は、町内外から多くの海水浴客が訪れる海水浴場でした。


   しかし、震災で、地区は壊滅的な打撃を受けました。砂浜はがれきで埋まりました。海水浴どころではありませんでした。それが、今年、震災後、初めて、4年ぶりに海開きが行われました。海開きの7月26日は、町内の小中学校の夏休み初日。夏の日差しが照りつける浜辺には、子どもたちの歓声がこだましました。


海岸では遊泳できる場所をブイで囲みました=2014年7月26日、大槌町の吉里吉里海岸海水浴場
海岸では遊泳できる場所をブイで囲みました
=2014年7月26日、大槌町の吉里吉里海岸海水浴場

   海水浴場が復活したのは、吉里吉里海岸のうち横幅約130メートル、岸から沖へ約50メートルの区域。海岸全体の約3分の1にあたります。海岸では、岩手県が防潮堤の建設を計画し、工事の進み具合では来年以降、海開きができない可能性があります。しかし、「子どもたちに海を体験させたい」という地元住民の強い要望を受け、町が、工事に支障がない範囲で開設を決めました。海開きにあたっては、ボランティア団体や地元の人たちが海岸を清掃し、砂浜や海中に、がれきや障害物がないことが確認されました。


   海開きは、地元の人たちの切なる願いでした。吉里吉里中学校PTA会長の芳賀新さん(44)はこう話します。「子どもたちには、海の恐ろしさと同時に、海の素晴らしさを知ってほしい。海開きをそのきっかけにしたかった。美しい吉里吉里の海で楽しい思い出をいっぱい作ってほしい」


「砂の祭典」で制作された「南部鼻曲がり鮭」です=2014年7月26日、大槌町の吉里吉里海岸海水浴場
「砂の祭典」で制作された「南部鼻曲がり鮭」です
=2014年7月26日、大槌町の吉里吉里海岸海水浴場
海開きではパドルサーフィンの体験会も開かれました=2014年7月26日、大槌町の吉里吉里海岸海水浴場
海開きではパドルサーフィンの体験会も開かれました
=2014年7月26日、大槌町の吉里吉里海岸海水浴場

   海開きの期間は8月10日までの16日間。時間は午前8時半から午後3時。現地に簡易トイレを設置、近くに駐車場、シャワー設備が用意されています。 町によると、同海水浴場は震災前、シーズン中に約2万4000人が来場。来季以降は、防潮堤工事の状況を見ながら開設するかどうか判断します。


   海水浴場では、7月26日、海開きに合わせて様々なイベントが繰り広げられました。「砂の祭典」は昨年、20年ぶりに復活。今回も多くの人たちが、砂の彫像に挑戦しました。参加者は海水で砂を固めながら約3時間。「南部鼻曲がり鮭」「グローブ」「宇宙戦艦ヤマト」など、様々な作品が完成しました。主催したのは町内の若手経営者による「はまぎく若だんな会」。代表の芳賀光さん(39)は「吉里吉里と海は切り離せない。子どもたちには海の楽しさを味わってほしかった。浜が震災前と同じように、大勢の人でにぎわってうれしい」と話しました。

(大槌町総合政策課・但木汎)


連載【岩手・大槌町から】
(54) << (55)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中