所在不明の子供、30都道府県で1588人 朝日新聞調査

印刷

   行政が居住実態をつかめない18歳未満の所在不明の子供が少なくとも30都道府県で1588人にのぼると、朝日新聞が2014年7月29日に報じた。同紙の全国アンケートで明らかになった。

   アンケートは47都道府県20指定市43中核市の110自治体を対象に実施したもので、40都府県19指定市35中核市から7月下旬までに回答があった。

   記事によると、厚生労働省が全国実態調査の基準としている5月1日時点では少なくとも所在不明の子供が全国に2747人いた。各自治体によるその後の調査によって1000人以上の所在が確認されたが、29都府県で1178人、14指令市で410人の子供が未だ所在が分からぬままであることが分かった。

   産経新聞も7月20日に全国調査の結果を公表した。47都道府県と計63の政令・中核市を対象に、5月1日時点の所在不明状況について質問したところ、39都道府県と51の政令・中核市から回答を得た。その結果、321自治体で2478人の所在不明の子供がいることが判明し、各自治体の追加調査により875人の所在が確認されたが、1603人の行方は今も分からないという。

   どちらの調査でも未回答の自治体があり、不明人数はさらに多いとみられる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中