2ちゃんねる「血みどろ写真」に「釣り」の可能性 加害者逮捕後に別カット写真投稿

印刷

   ネット掲示板「2ちゃんねる」に「殺しちゃったんだけど」というタイトルとともに赤く染まった手の写真が投稿され、長崎県佐世保市内の県立高校生殺害事件との関連が指摘されていた問題は、「釣り」と呼ばれる利用者の悪ふざけだった可能性が高くなった。

   写真は2014年7月26日22時過ぎに投稿され、被害者の松尾愛和(あいわ)さん(15)が殺害されたとみられる時刻と近かったことから、加害者の女子生徒(16)が投稿したとの見方が強まり、長崎県警も事件との関連を調べていた。

   ところが、加害者が逮捕されて丸1日以上経過した7月28日7時過ぎに

「え、本人なんだけど何でこんな事になってるの?」
「ちょ、え待ってマジで釣りだからね? 殺してないよ?大丈夫?」
「場所同じなの分かる?え、ほんと殺してないよ?」

などと書き込まれ、26日夜の写真と同じ場所で撮ったとみられる別カットの写真が投稿された。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中