佐世保同級生殺害事件、逮捕少女は「父親の再婚に賛成」 弁護士が報道に反論

印刷

   長崎県佐世保市で県立高校1年生の女子生徒が同級生を殺害した事件で、2014年7月31日、逮捕少女の弁護人が「(少女が)父の再婚に反対していた」との報道内容に反論する文書を発表した。朝日新聞などが報じた。

   日本テレビの報道によると弁護士は31日夜、逮捕少女に接見した。

   朝日新聞の報道によると、弁護士の接見に対し少女は「父親の再婚について初めから賛成している。父親を尊敬している。母が亡くなって寂しかったので新しい母が来てうれしかった」などと話した一方、過去に金属バットで父親を殴ったことは認めたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中