国内レジャー市場、11年ぶり拡大 テーマパークが過去最高

印刷

   国内のレジャー市場が広がっている。日本生産性本部が2014年8月4日に発表した「レジャー白書」によると、13年の国内レジャー市場は、前年比0.8%増の65兆2160億円で、2002年以来11年ぶりに前年実績を上回った。「観光・行楽部門」が前年より4.0%増となり、2年連続で増えたことが貢献したという。

   テーマパークや遊園地の市場規模は前年比10.5%増の7240億円と、1982年に調査を始めてから最高だった。開業30周年のイベントがあった東京ディズニーリゾート(TDR)がけん引。大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)も入園者数が伸びた。

   音楽ライブも伸びている。体験型の消費に支出を惜しまない流れは強まっており、「14年もイベント型の消費は底堅い」(生産性本部)という。円安で日本への旅行が割安になった外国人観光客が増えたほか、株高などで財布のひもが緩んだ人が国内観光を楽しんだこともある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中