笹井氏の自殺は「日本の伝統に従った」 WSJ記事に「ミスリーディング」の指摘続々

印刷

   理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市、CDB)の笹井芳樹副センター長(52)の自殺は、海外にも大きな衝撃を広げた。笹井氏が世界でもトップレベルの研究者だったからだ。

   海外メディアは、2014年8月5日、STAP論文の取り下げや、第三者委員会がCDBの解体を勧告したことが笹井氏に大きな衝撃を与えたと指摘。中には、笹井氏の自殺が「日本の伝統に従ったもの」といった独自の分析もあった。

アルジャジーラ「スキャンダルが科学者の命を奪った」

笹井氏の自殺は海外メディアも大きく取り上げた
笹井氏の自殺は海外メディアも大きく取り上げた

   STAP論文を掲載したネイチャー誌は、笹井氏の自殺を「科学にとって本当の悲劇で、研究コミュニティーにとって多大な損失だ」と惜しんだ。

   世界各地で笹井氏の自殺が広く伝えられており、多くのメディアがAP通信から配信された記事を掲載した。このAP通信の記事では、

「著名な科学雑誌での論文取り下げはきわめて異例で、この不祥事は日本の科学研究にとって、きわめて後味の悪いものになった」

と解説。カタールのテレビ局、アルジャジーラのウェブサイトでは、このAP記事に「スキャンダルが科学者の命を奪った」という刺激的な見出しをつけた。

   米ニューヨーク・タイムズ紙は、

「スキャンダルは、笹井氏のCDBでのライフワークをも脅かしていた。第三者委員会がCDBの解体を提言していたからだ」

とも指摘した。

「スキャンダルに巻き込まれた公人は、償いの手段として自殺を選択」

   他紙と方向性が大きく違っていたのがウォール・ストリートジャーナル紙だ。同紙のウェブサイトでは、

「日本では自殺は償いの手段になることもある」

という見出しで、

「笹井氏の研究は幹細胞の21世紀の科学に新たな地平線を切り開くものだったが、笹井氏の一生の終わりは、日本の伝統に従ったものだった。中世から現代に至るまで、スキャンダルに巻き込まれた公人は、償いの手段として自殺を選択することもある」

として、不祥事の末に自殺することは「日本の伝統」だとした。記事では、松岡利勝元農水相や、竹下登元首相の秘書を務めた青木伊平氏など、金銭スキャンダルをもとに自殺に追い込まれた人を列挙している。

   ただし、コメント欄には

「この記事はミスリーディング。日本では、自殺はもはや償いの手段でない」

といった異論が続々と寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中