栃木の段ボール遺体事件 指名手配の男を逮捕

印刷

   栃木県佐野市で16歳の女性の死体が段ボール箱に入れられ遺棄されていた事件で、指名手配されていた住所不定、無職の栗林亨容疑者(30)が2014年8月12日、栃木県警に死体遺棄容疑で逮捕された。栗林容疑者は容疑を認めているという。

   この事件では8月5日に、共謀したとみられる岩崎春敏容疑者(45)が警視庁新宿署に出頭して逮捕された。岩崎容疑者はインターネットの闇サイトを通じて栗林容疑者と知り合い、仕事として依頼されたもので遺棄した女性とは面識がなかったと話しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中