SBI証券、LINEで株取引 ネットでは「セキュリティは大丈夫?」との声

印刷

   インターネット証券最大手のSBI証券は、スマートフォン(高機能携帯電話)の無料通信アプリケーション「LINE」を使って株取引ができるサービスをはじめる。

   2014年8月19日(予定)に、証券会社で初めてLINEの公式アカウントを開き、LINEで情報を発信。一方、登録した個人投資家は株価を確認したり、買い注文や約定通知を受け取ったりできるようにする。

若者に投資のすそ野広げる「株取引の導入と補助的役割」

LINEで株が買えるようになる!(画像はLINEでの株取引のイメージ)
LINEで株が買えるようになる!(画像はLINEでの株取引のイメージ)

   SBI証券の「LINE×証券」融合サービスは、LINEの「ビジネスコネクト」という機能を使って、個人投資家と1対1でやり取りしながらサービスを提供する。

   投資家はSBI証券に口座を開いたうえでLINE公式アカウントに登録すれば、取引は可能だ。

   たとえば、投資家がトヨタ自動車の銘柄コード(7203)を入力すると、

   SBI証券が「トヨタ自動車の現在の株価は6000円です」と、株価を教えてくれる。

   投資家がその株価を参考に「買い」を決断。銘柄コード「7203」を入力すると、

   SBI証券が「何株ですか」と返信がある。

   投資家は「100株」と株数を入力する……。

   こんな具合にやり取りをすると、株が買えて、約定通知が届く仕組み。

   取引手数料は通常の取引と同じ(1回の注文で、スタンダードプランの場合、10万円以内では税込150円。アクティブプランの場合、同103円)。取引の対象は国内の現物株式と上場投資信託(ETF)で、2014年1月にはじまった少額投資非課税制度(NISA)にも対応する。

   SBI証券は、9月中に株価情報の提供などのサービスを開始。12月末までに株取引を可能にする予定。LINEの人気アイテムであるスタンプの提供なども検討していく。

   国内でLINEを利用している人は、約5200万人とされる。総務省によると、LINEの利用率は20代で80%、30代で65%と若年層ほど高い。

   一方、「NISA」の利用者の多くは投資経験のある40~50代の中高年層が中心。そもそもNISAは、「貯蓄から投資」の流れを促進させると同時に、若年層の資産形成に積極的に活用してもらう目的があった。SBI証券は「(LINEは)若年層へのアプローチに最も有効なツール」とみている。

   LINEで株取引ができるケースは同社が初めてで、LINEを日常的に使っている若者に投資のすそ野を広げる狙いがある。同社は「最終的には当社のサイトによる取引につなげていきたい。株取引の導入と補助的な役割として考えています」と話している。

株を「売る」には、ひと手間かかる?

   とはいえ、インターネットには株式投資をするしないにかかわらず、LINEのセキュリティを懸念する声が多く寄せられている。最近、LINEのアカウントが乗っ取られて電子マネーなどを騙し取る事件が相次いだためだ。

「わざわざLINEで株やる意味がわからん」
「なんで? SBIでも楽天でも証券会社のアプリでええやん。LINEやってる時点でネットにつながってるんやから直接注文するやろ…」
「アカウント乗っ取りが解決した訳でもないのに、怖すぎる」
「セキュリティのこと、あんまし考えて無いとしか思えんわ」
「さすがに、これはようやらんわ」

といったコメントが目立つ。

   株取引ともなると動かすお金も小さくない。万一のことを考えると、躊躇してしまうということらしい。

これでは、なかなかLINEのサービスを使ってもらえないのではないか――。SBI証券はセ

   キュリティ対策について、「サービスは新規会員のみですし、LINEの利用とは別の、専用のユーザーネームとパスワードを利用していただきます。さらに個別の取引には『取引パスワード』を入力してもらいます」とし、万全を期すという。

   また、「LINE×証券」融合サービスは、買い注文のみに限定したサービスだ。株を売りたいときは、SBI証券のサイトを利用するしかない。

   口座への入金もLINEではできないし、複数の銘柄をスマホの画面で見たり、売買を指示したりするのも文字が小さく、ちょっと手間がかかるかもしれない。

   SBI証券は、「LINEで『売り注文』ができない、つまり決済できないのですが、そのようにしたのはセキュリティ対策の一環でもあります」と説明する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中