ローマ法王訪韓に乗じて対日批判の可能性 朴槿恵大統領、首脳会談で慰安婦問題に言及か?

印刷

   ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が2014年8月14日午前、ソウル郊外の空軍基地に到着し、5日間にわたる韓国訪問が始まった。法王がアジアを訪れるのは1989年のヨハネ・パウロ2世以来25年ぶり。

   国民の1割をカトリック教徒が占める韓国では総じて歓迎ムードだが、いわゆる従軍慰安婦問題を首脳会談で取り上げる方針が報じられるなど、法王の訪韓に乗じて対日批判を狙う向きもあるようだ。

ミサで元慰安婦の女性と面会予定

   専用機のタラップから降りてきた法王を朴槿恵(パク・クネ)大統領が自ら出迎えるという厚遇ぶりで、テレビ各局はその様子を生中継し、国民の高い関心を反映した。法王は14日午後には青瓦台(大統領官邸)で歓迎式典に臨み、15日には中部の大田(テジョン)で「アジア青年大会」に出席する。16日には、18世紀から19世紀にかけて殉教した信者124人を「聖者」に次ぐ「福者」に認定する「列福式」をソウル中心部の光化門で行う。訪韓最終日の18日には、韓国で最も有名な教会として知られる、ソウルの「明洞(ミョンドン)大聖堂」で「平和と和解のためのミサ」を行う。

   韓国のカトリック教会にとっては「アジア青年大会」と列福式の意義が大きいが、対日関係で大きな意味を持つのが明洞でのミサだ。このミサの際、法王は元慰安婦の女性とも面会予定だと報じられているからだ。面会が予定されているということを理由に、慰安婦問題が14日午後の首脳会談で話題になった可能性がある。

慰安婦問題に「法王が関心を払うように要請」?

   実際、統一教会系の「世界日報」は8月13日、大統領府関係者の話として、朴大統領と首脳会談の中で(1)南北間の平和構築策(2)慰安婦問題の解決策(3)セウォル号事故の3つが主な話題になるという見通しを報じている。

   記事では、慰安婦問題を取り上げる背景について、

「高齢の元慰安婦の女性が日本政府の謝罪も受けられずに毎年のようにこの世を去っていることを強調し、日本が元慰安婦女性たちの痛みの治療に積極的に取り組むよう、法王が関心を払うように要請するとみられる」

と解説している。

   東亜日報も同様の見方で、朴大統領が元慰安婦の女性が置かれた状況について言及した場合は

「フランシスコ法王は元慰安婦の女性の痛みに共感を示し、慰めのメッセージを伝えるとみられる」

と報じている。同紙によると、仮にバチカン側が慰安婦問題の政治問題化を嫌ったとしても、人権問題として話題にのぼるようだ。

「日本政府の謝罪と補償問題は外交・政治的問題に結びつく可能性があるだけに、フランシスコ法王は女性の人権や宗教的な観点から慰安婦問題に言及すると予想される」

   14日夕方に行われた共同記者発表では南北間の融和を説く内容が中心で「慰安婦」という単語は登場しなかった。首脳会談の内容は14日夕方の時点では明らかになっていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中