米俳優ロビン・ウィリアムズ氏、初期のパーキンソン病だった

印刷

   2014年8月11日に死亡した米俳優ロビン・ウィリアムズさん(63)がうつ病のほかに初期のパーキンソン病を患っていたことを、妻が14日に明らかにした。複数の海外メディアが報じた。

   報道によると、妻のスーザン・シュナイダーさんは14日に発表した声明の中で「ロビンは禁酒していて、うつ病や不安、そして初期のパーキンソン病と勇敢に闘っていた。パーキンソン病については、本人はまだ公表する準備ができていなかった」と説明した。

   パーキンソン病は、筋肉の動きをコントロールする脳の神経細胞に異常が生じる難病。震えや筋肉のこわばり、動作緩慢といった運動症状のほかに、うつ症状などの精神症状、自律神経の症状などもみられるという。

   ウィリアムズさんは11日、カリフォルニア州の自宅で死亡しているのが見つかった。首をつって自殺を図ったとみられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中