橋本聖子氏が高橋大輔選手にセクハラと文春報道 事務所は強く否定

印刷

   参院議員で日本スケート連盟会長の橋本聖子氏(49)が、フィギュアスケート男子の高橋大輔選手(28)に無理やりキスしていたと、週刊文春が2014年8月20日発売号で報じた。

   記事によると、ソチ五輪最終日となる2月23日、選手村での打ち上げであったことだといい、2人がキスしていたとする写真も載せている。これに対し、橋本氏の事務所は、「キスを強制した事実はありません」とマスコミ各社にコメントした。高橋選手のマネジメント会社でも、セクハラを否定し、「スケート界では健闘をたたえて、ハグやキスをすることはよくある」とマスコミ取材に答えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中