「NEWS ZERO」批判に対し櫻井翔ファンから罵倒 フィフィが公式ツイートをしばらく中止

印刷

   在日外国人批判などの過激なツイートで知られるエジプト人タレントのフィフィさん(38)のツイッターがきっかけで、またぞろ騒動がぼっ発している。

   嵐の櫻井翔さん(32)が出演するニュース番組「NEWS ZERO」(日本テレビ)に苦言を呈したところ、一部の嵐ファンが怒り、フィフィさんに非難や罵倒を送り付ける事態となった。フィフィさんはツイートをしばらく中止するという。

「アイドルの方の解説の内容がデタラメ。なんか薄っぺら」

   「NEWS ZERO」2014年8月18日放送回の櫻井さんのニュース解説コーナー「イチメン!」では、シリアで日本人男性を拘束したとみられるイスラム過激派組織「イスラム国」を取り上げた。

   イスラム国の成り立ちとして、01年に米国で同時多発テロを起こしたアルカイダの影響を受け誕生、06年頃からイラクで活動を本格化させ、国境を取り払ってイスラム教のスンニ派による新たな国を作ることを目的としていると説明された。

   自爆テロなどの手段で敵対するイスラム教シーア派や少数民族のクルド人を攻撃し、イラクの隣国シリアでシリア軍VS反体制派の内戦が起こるとシリアに進出。現地で武器を奪い、勢力を拡大していった。米国はイラク北部の拠点などに空爆を行っているが、解決の糸口は見えていない―といった内容だった。

   中東専門の政治学者を母に持つフィフィさんがこれを見て、以下のツイートを投稿した。

「ニュースゼロでアイドルの方が『イスラム国=isis』の成り立ちについての解説していたが、その内容がデタラメだったのよ…特にアサド政権打倒の為に米国とサウジが武器提供した件はあえて米国の手前スルーだったのには呆れた。なんか薄っぺらなんだよな。だから地上波の報道番組は頼りにならない」

   ツイートにある「米国とサウジが武器提供した件」というのは、14年に入ってからイスラム国がシーア派のマリキ政権を倒すためイラク各地の攻撃を続ける中、イラク首相府が6月に「スンナ派のサウジアラビアがイスラム国を財政的に支援した」などと非難する声明を発表したことを指しているとみられる。イランの国営放送局「イラン・イスラム共和国放送」も当時、サウジアラビア、米国、イスラエルがイスラム国を支援していると報じた。米国とサウジアラビアは否定、強い反発を示していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中