国連、ヘイトスピーチに法規制要求へ ネットでは反発も

印刷

   在日韓国人らへのヘイトスピーチについて、国連の人種差別撤廃委員会が2014年8月21日、ジュネーブで会合を開き、日本政府に法規制を勧告する方向になった。新聞各紙が報じた。

   人種差別撤廃条約の第4条では、人種差別をあおることを犯罪としているが、日本政府は、表現の自由との兼ね合いから4条適用を保留している。しかし、この日の会合では、委員から「ヘイトスピーチは暴力だ」「憲法とも矛盾しない」との意見が相次いだ。在日韓国人からも法規制に期待する声が上がっているというが、日本のネット上では、異論がなお相次いでいる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中