ブラック企業大賞に「たかの友梨」「ゼンショー」緊急ノミネート

印刷

   ブラック企業大賞実行委員会は2014年9月2日、6日に授賞式を控えた「第3回 ブラック企業大賞」のノミネート企業に急きょ「不二ビューティ」と「ゼンショーホールディングス」の2社を追加すると発表した。

   不二ビューティは「たかの友梨ビューティクリニック」の運営会社で、14年8月に仙台労働基準監督署がたかの友梨仙台店に対し労働環境の改善を求めていた。しかし社長の高野友梨氏は労基署に通報した従業員に「労働基準法にぴったりそろったら、絶対成り立たない。潰れるよ、うち。それで困らない?」などと詰問し、従業員が精神的ショックで出勤できなくなってしまったということが明らかになった。

   ゼンショーホールディングスについては、14年7月31日に「『すき家』の労働環境改善に関する第三者委員会」の調査報告書が公表され、「24時間以上勤務」「月の労働時間500時間以上」など壮絶な勤務実態が浮き彫りになった。なお同社は12年度ブラック企業大賞でも「ありえないで賞」を受賞している。

   2社を追加してノミネート企業は計11社となった。WEB投票は授賞式前日の9月5日17時まで受け付けている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中