「断じて屈するわけにはいきません」 朝日新聞社長の全社員メールを文春報じる

印刷

   慰安婦検証記事で渦中にある朝日新聞の木村伊量社長が「反朝日キャンペーンを繰り広げる勢力に断じて屈するわけにはいきません」などと書いたメールを全社員あてに送っていたと、2014年9月3日に週刊文春がウェブサイトで報じた。

   メールは朝日新聞の社内専用ホームページに掲載されるもので、週刊文春は全文を入手したという。読者などから激励があったというほか、「吉田調書」報道について「これぞ価値ある第一級のスクープ」と自賛する内容が書かれていたという。

   ニコニコチャンネルの「週刊文春デジタル」で4日5時から全文を公開する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中