東京行くのが怖い!都内どこにいてもおかしくない! 新宿中央公園でも感染者確認に不安の声が高まる

印刷

   猛威を振るうデング熱の感染拡大が止まらない。厚生労働省は2014年9月5日、新宿中央公園(東京・新宿区)で感染したとみられる患者が確認されたと発表した。

   代々木公園周辺以外での感染が発覚したのは初めてだ。「出かけたくない…」と不安の声は高まる一方だ。

感染者は5日時点ですでに68人

新たに感染者が確認された新宿中央公園
新たに感染者が確認された新宿中央公園

   厚労省によると、患者は埼玉県に住む30代の男性。8月30日に発症し、県内の医療機関で感染が確認された。容態は安定しているという。

   渡航歴はなく、代々木公園へ行ったこともなかったが、8月中旬から下旬にかけて複数回、新宿中央公園を訪れていた。「その時に蚊に刺されたと思う」と話していることから、同公園での感染した可能性が高いと判断された。新宿区は調査を行い、立ち入り制限をして蚊の駆除を実施する。

   ツイッターではキーワード「新宿中央公園」がすぐにトレンド入り。「新宿中央公園とか代々木公園とか…どっちもそこそこ近いし行ったことあるし…」「家から物凄い近所なので結構怖い。しかも蚊に刺された気がするんですよねー」となど、不安げに書き込む人が相次いだ。

   厚労省のまとめでは、感染者は5日時点ですでに68人に上っている。重症者こそ出ていないものの、代々木公園をはじめ、周辺の明治神宮や国立オリンピック記念青少年総合センターなどが一部区域に立ち入り制限を行っている。

   都内の物々しい雰囲気に、「なんか東京行くの不安になってきたな」「もうデング蚊は都内どこにいてもおかしくない」という声は高まるばかりだ。

   新宿中央公園は5日に予定していたグルメイベントの即日中止を発表。代々木公園でも今週末の一部イベントの中止が発表されているが、予定通り開催するものもある。「危なすぎないかこれは…」「明日行われる日本一危ないイベント」と危惧する声が上がっている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中