写真誌「FLASH」が突然発売中止はなぜ? 米女優の流出ヌード掲載のためか、それとも・・

印刷

   写真週刊誌「FLASH」が前日になって突然発売中止を発表し、何があったのかとネット上で憶測が流れている。一部コンビニなどでは入手可能だったことから、さらに騒ぎになっている。

   「よほどの重大な問題があったのだろう」。こうつぶやいたのは、元東京地検検事の落合洋司弁護士だ。

多額の損害賠償を請求されることを恐れた?

コンビニでも入手できた
コンビニでも入手できた

   「FLASH」発売元の光文社は2014年9月8日、公式サイト上で翌9日発売号について、「一部記事に不備がありました」として発売中止のお詫び文を載せた。これに対し、落合弁護士は、「いちいち回収していたらこの手の雑誌は成り立たない」として、普通に不備がある程度ではないのではないかと指摘した。

   公式サイトの文面では、それ以上の詳しい説明はなく、どの記事にどんな不備があったのかなどは明らかではなかった。しかし、一部メディアでは、大騒ぎになった米女優らの流出ヌード写真を袋とじ特集に載せたことが引っ掛かったらしいと報じられた。

   日刊スポーツでは、関係者の話として、FLASHが8ページにわたって18枚もの流出写真を許可なく載せ、多額の損害賠償を請求されることを恐れたと報じた。米女優らのものと特定して、ぼかしもなく写真を載せているためだという。女優らは、写真を勝手に掲載すれば法的手段に出ると訴えている。このことから、写真誌の回収費用を支払う方がコスト的に見合うと光文社が考えたとみられるともいう。

   事前に公開されていたFLASHの目次などを元に、ネット上では、テレ朝「報道ステーション」の「反原発」ディレクターが自殺したことを報じる記事が問題視されたためではないかとの憶測も上がった。自殺の真相などを巡って、以前からネット上で様々なうわさが流れていたからだ。

   また、ほかの記事に理由があるのではないかとの推測も出ており、ネット上は、発売中止を巡って論議になっている。

コンビニで入手でき、オークションでは1万円超で取引

   発売中止が発表されたFLASHだが、ツイッターなどでは、コンビニなどで入手できたという報告が相次いでいた。オークションサイトでは、発売中止号に1万円を超える入札価格も付いており、ちょっとした騒ぎになっている。

   そこで、J-CASTニュースの記者が、東京都内で書店やコンビニを回ったところ、いくつかの書店で、FLASH の在庫はあるが発売中止なので販売できないと言われた。コンビニでも店頭に置いていないところはあったが、あるコンビニで発売中止号を買うことができた。

   米女優らの流出ヌード写真を載せたことが問題だったのかについて、光文社の広報室では、「私どもとしては、公式サイトで見解を述べたことがすべてで、それ以外は答えられません」と取材に答えた。報道ステーションの記事を巡って憶測が出ていることについては、「コメントする立場にはありません」とのことだった。

   ただ、外部からの抗議や圧力があったことは一切なく、記事の表記や内容に間違いがあったわけでもないとした。編集部では問題視されていなかったが、発売前日に関連部署に写真誌を回したとき、複数の部署から異論が出て、社内で協議した結果、発売中止を決めたと説明している。

   コンビニなどで販売されていたことについては、「FLASHが店に届いた段階で販売中止と回収をお願いしたので、それが行き届いているかまだ把握できていません。情報を確認中です」とだけ述べた。

   次週号は、予定通り発売するという。今週号の記事については、継続性のある一部コラムは次号で掲載するものの、ほかの記事は新しいものに変える考えだとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中