高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ
「景気の落ち込み」から目をそむけるな 「消費増税の影響は軽微」の欺瞞を暴く

印刷

   4月(2014年)からの消費増税によって、経済は落ち込んだ。2013年10月に、消費増税を決めたとき、多くのエコノミストは消費増税に賛成し、消費増税の景気への影響は軽微であるといった。それはまったく間違っていた。それにも関わらず「想定内」という言葉を連発する。2013年から、(14年4‐6月期GDP速報値発表の)1か月前までの予想は大外れだ。ところが、1週間前に予想をちゃっかり修正し、その修正後の予想から見れば「想定内」というわけだ。

   8月のこのコラムでも触れたが、実は、GDP統計は、調査して導き出す統計ではなく、政府の一次統計を加工した二次統計だ。だから、GDP統計の発表1週間前なら各種の一次統計が出そろうので、GDPを当てるのはそれほど難しくない。

「10%への消費増税」、やってもやらなくても景気は悪化?

   「想定内」ということばには、このようなペテン師的な要素がある。じつは、これは政府・日銀にも当てはまる。現体制になって出された2013年4月26日の経済・物価情勢の展望によれば、2014年度の実質GDP成長率について、政策委員の見通しは1.0~1.5%。その中央値は1.4%だ。ところが、その1年後の2014年4月30日には、政策委員の見通しは0.8~1.3%、その中央値は1.1%と下方修正されている。

   この経済・物価情勢の展望の数字は3か月ごとに見直されているが、7月の見直しでは、1%を割り、0%台の後半になるという。

   この下方修正の理由は、消費増税による景気の落ち込みなのだが、黒田総裁は、(予定通り2015年10月に実施するか、14年末に政府が判断する)消費税率の10%への再引き上げをスキップ(先送り)するのは、リスクが大きいと懸念を示している。どういうリスクかというと、消費増税しないと財政の信任が失われ国債金利が上昇することである。

   ここまでくると、経済に明るくない人は困惑するだろう。消費増税すると景気が落ち込むのに、それをやらないと金利が高騰し、やはり景気の腰を折ってしまう。この二つの意見が正しいとすると、消費増税はやるにしてもやらないにしても、景気が悪くなってしまう。これはおかしいのではないか。

財政再建のカギは、増税ではなく「経済成長」

   この直感は正しいと思う。消費増税すると景気が悪くなるのは、今回に限らず海外でも経験済みだ。だから、消費増税は影響があまりでないように、景気がいいときにやるとか、他の減税とセットでやるなどの工夫をする。一方、消費増税をスキップすると国債金利が上昇するというのは、景気がよくなると金利が高くなるという意味であり、「財政の信認」が影響するという話は滅多にない。というのは、財政は経済の一部であって、経済がよくなると財政の好転も後からついてくるからだ。

   ここから先で意見が分かれる。消費増税論者は増税が財政再建のカギと思い込んでいるのに対して、筆者は増税ではなく経済成長がカギと考えている。

   この点は実は実例があり、勝負はついている。小泉政権では増税なしで経済成長で財政再建した実績がある。要するに、消費増税をスキップすると、景気がよくなり、金利も少し上がるだろうが、財政再建できるから、財政の信任が失われない、というのが正解だ。

   これで、消費増税論者が、消費増税しても景気への影響は軽微と言っていた理由もわかるだろう。それが生命線だからだ。「軽微」予測が間違っていた段階で、既に議論が終わっていなければいけないが、消費増税論者はウソをついても平気でゾンビのようだ。


++ 高橋洋一プロフィール
高橋洋一(たかはし よういち) 元内閣参事官、現「政策工房」会長
1955年生まれ。80年に大蔵省に入省、2006年からは内閣参事官も務めた。07年、いわゆる「埋蔵金」を指摘し注目された。08年に退官。10年から嘉悦大学教授。著書に「さらば財務省!」、「日本は財政危機ではない!」、「恐慌は日本の大チャンス」(いずれも講談社)など。


インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中