株価1万6000円台回復、6年ぶりの1ドル108円台

印刷

   東京株式市場は2014年9月18日、日経平均株価が大幅に上昇し、取引時間中としては1月9日以来約8か月ぶりに1万6000円を回復した。午前の終値は前日比160円84銭高の1万6049円51銭だった。

   背景には、円安と米株高がある。

   円相場は、前日のニューヨーク市場で米連邦公開市場委員会(FOMC)後に将来の米利上げが意識され、日米金利差が拡大するとの観測から約6年ぶりに1ドル108円台後半に下落した。

   また米株式市場は9月17日、ダウ工業株30種平均が3日続伸し、前日比24ドル88セント(0.1%)高い1万7156ドル85セントで取引を終えた。7月16日以来、およそ2か月ぶりに過去最高値を更新。好調に推移していることから、東京株式市場の「買い」を後押しした。

   輸出関連株を中心に業績改善への期待が高まり、トヨタやマツダ、富士重工業などの自動車株が高い。日立建機やコマツにも買いが入っているほか、造船や銀行なども上昇が目立つ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中