富士山は登山者の「うんこ」がたくさん 外国人観光客の増加が原因なのか

印刷

   世界文化遺産に登録された富士山のトイレのない場所で、多数の汚物が放置されているのが見つかった。

   訪日外国人の数が近年増加傾向にあるため、ネットではマナーの悪い外国人の仕業という噂も出ているが、本当にそうなのか。

ネット「真っ先に想像されるのは中国人や韓国人ですね」

富士山で排泄物が放置されていた
富士山で排泄物が放置されていた

   新聞各社の報道によると、静岡県側の富士山須走口登山道の5~6合目の茂みや岩陰など17か所に、排泄物が放置されていた。入山者からの情報提供をもとに2014年9月14日に静岡県が調査を実施して確認した。気温の低い富士山では、微生物の力で糞尿が分解されずに残ってしまう可能性があり、生態系にも悪影響を及ぼすことが懸念されている。

   富士山のふもとにある観光案内所「富士ビジターセンター」を訪れた7月と8月の外国人は増え、特に中国から来た人々は去年の同時期と比べて倍以上になっているという。こうした背景から日本のネットでは、マナーの悪い外国人観光客が原因ではないかと囁かれている。

   日本のツイッターには

「富士山に排泄物で真っ先に想像されるのは中国人や韓国人ですね」
「富士山の登山道でうんこするの中国人しかいないだろ」
「うんこのニュース聞いて中国人とかじゃないの?とかふつうに思ったけど韓国人か」

といった書き込みがされた。

   一方、中国ネットでは、

「これが日本人の真の民度だ!」
「お互い様だな。期限切れ食品に下水油・・・。どこにでもあるんじゃない?」
「日本人がよく言う"民度"ってやつがコレね」

といった声が出たと、新華経済ニュースが紹介している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中