北朝鮮の拉致被害者再調査 安倍首相「手間取っていることは事実」

印刷

   安倍晋三首相は北朝鮮による拉致被害者の再調査について、「手間取っていることは残念ながら事実だ」と2014年9月19日に都内で行った講演で認めた。

   再調査は1回目の報告を「夏の終わりから秋の初め」としていたが、予定より遅れる見通しとなった。安倍首相は「形ばかりの中身のない報告をしてもらってもしょうがない。しっかりと確実な報告をしてもらいたい」として、「対話と圧力の姿勢で進捗状況を見極めて判断していきたい」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中