サッカー日韓戦でまた「安重根」横断幕 FIFAはなぜ韓国を処分しないのか

印刷

   男子サッカーの日韓戦で、またも「安重根」が現れた。韓国・仁川のアジア大会で、韓国サポーターがスタンドでその肖像画を掲げたのだ。近年だけでも2010年、2013年に次ぐ。

   韓国の初代統監を務めた伊藤博文を暗殺した人物だけに、その似顔絵を日本戦で掲げれば政治的意味合いが非常に濃い。国際サッカー連盟(FIFA)はサッカーの国際試合での政治的主張を禁じているはずだが、過去の例では「おとがめなし」だった。

アジアオリンピック評議会「スポーツの政治的悪用に反対」

韓国での試合には毎度登場
韓国での試合には毎度登場

   日韓がアジア大会で激突したのは2014年9月28日の準々決勝。スタンドには、安重根の似顔絵が描かれた幕がはためいた。

   1年前の東アジア杯を再現したようだ。2013年7月28日、場所は同じ韓国。この時はスタンドの1階から2階まで届く巨大な肖像画に加え、ハングルで「歴史を忘れた民族に明日はない」と書かれた横断幕が張られた。日本サッカー協会(JFA)は試合後、競技中の政治的主張を禁じるFIFAの規定に違反する可能性があるとして東アジアサッカー連盟(EAFF)に抗議文を提出したという。だがその後、EAFFが日本側の抗議を受け入れたとか、韓国にペナルティーが与えられた、という話は聞こえてこない。

   近年、韓国で開催の日韓戦には毎回「安重根」が登場する。2010年10月にソウルで行われた親善試合でも、巨大な横断幕が現れた。また2005年2月13日付で朝日新聞に掲載された投書の中に、こんな内容があった。投稿者が2004年7月、ソウルで観戦した日韓の23歳以下代表の試合で、韓国側のサポーターが安重根の肖像画を観客席で掲げていたという。少なくとも10年以上前から始まっていたようだ。

   アジア大会を主催するアジアオリンピック評議会(OCA)の「憲章および規則」第3条「全般的な目的」のなかに、こういう規定があった。

「OCAは、スポーツおよび選手を、政治的または商業的に悪用することに反対する」。

   また第36条では、OCAによる大会での「スポーツマンらしからぬ行為」を禁じているが、その細則として「OCA 競技大会開催場所、会場または、大会に関係他のエリアにおいては、いかなる種類のデモンストレーションまたは、政治的、宗教的、人種的な宣伝活動も認められない」とある。会場内で行われるいかなる「政治活動」も制限されると読み取れそうだ。

年収2000万円part1

   景気回復の影響で求人市場が活性化している。中でも注目されているのはヘッドハンティングだ。1000人以上のヘッドハンターが登録している「Bizreach」によると......続きを読む

PR 2016/3/16

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

創刊10周年を迎え新たなステージでのスタートを切るJ-CASTニュースで、あなたの経験と知恵を生かしませんか?

【夏到来】気になるワキの汗ジミ、ニオイの悩みを解消したい!

ワキ汗・ニオイ治療は驚きの進化を遂げていました

ハイクラス転職 狙うなら今!

もっとも多くの敏腕ヘッドハンターが集まるサイトで、あなたキャリアをアピールしてください。

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中