朝日新聞の従軍慰安婦報道めぐり、元記者が教授や講師務める2大学に脅迫文

印刷

   従軍慰安婦報道に携わった朝日新聞の元記者が非常勤講師を務める北星学園大学(札幌市)に、この講師を解雇するよう脅迫する手紙が届いていたことが2014年9月30日、分かった。各紙が報じた。

   手紙は5月と7月に学長宛てに届いたもの。非常勤講師を名指しし、「元記者を辞めさせなければ天誅として学生を痛めつける」「釘を混ぜたガスボンベを爆発させる」などと書いていた。札幌厚別署は威力業務妨害の疑いで捜査しているという。

   また、別の同紙元記者が教授を務める帝塚山学院大学(大阪狭山市)には、教授を辞めさせないと大学を爆破するという内容の脅迫文が9月に届いていた。この元記者は脅迫文が届いた日に辞職。大阪府警が威力業務妨害の疑いで捜査している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中