御嶽山、年内の捜索中止を決定

印刷

   56人が死亡し、少なくとも7人が行方不明となっている御嶽山の噴火で、長野県の対策本部は2014年10月16日で年内の捜索を中止する方針を決めた。NHKや信濃毎日新聞が報じた。

   16日には最大規模となる1900人態勢で捜索が行われたが、新たな不明者は発見できなかった。山頂付近ではすでに積雪が確認され、再開は来年春以降になるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中